チャンバラ合戦-戦 ikusa- 可児市の乱

美濃金山城跡

美濃金山城跡
家紋
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
美濃金山城跡
家紋
築城主:斎藤 正義

石垣・瓦・建物礎石が残る織豊系城郭のモデルケースとして、国史跡に指定された。
守護代一族の系譜をひく斎藤正義により。烏峰城の名で天文6年(1537)に築城。永禄8年(1565)には織田信長家臣森可成が城主となって金山城と改称。長可、蘭丸、忠政が城主となって、関ヶ原の戦いの後に破城。一説には犬山城に移築されたとの伝承(金山越)もある。土木工事の技術、破城の痕跡が見られるのもこの城の特徴。

美濃金山城
概要

◇別名:兼山城、鳥峰城、鳥ヶ峰城 城郭構造 梯郭式山城
◇築城年:天文6年(1537年)
◇主な改修者:森可成・長可・忠政
◇主な城主:斉藤氏、森氏、石川氏、小笠原氏
◇廃城年:慶長5年(1600年)

交通アクセス
名鉄広見線明智駅からYAOバスで 城戸坂バス停下車、徒歩15分
instagraminstagram

サムライ特別採用枠

可児市が大好き!地域活性化をお手伝い! 大切な地域資源を守る!城跡整備し隊!!